ヘッダーメニューここまで

ここからメインメニュー

  • 自然図鑑
  • アイヌ語辞典
  • アイヌの伝承
  • 物語や歌
  • 絵本と朗読
  • 語り部
  • スタッフ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

自然図鑑 検索結果

日本語名:うさぎ Aエゾノウサギ(エゾユキウサギ) Bカラフトノウサギ

アイヌ語名:イセポ

利用:食用

エゾユキウサギ

エゾユキウサギ

学名Lepus timidus ainu
科名ウサギ科
種類ほ乳類(陸)
種IDA0284

 大きさは本州以南のノウサギと同じくらいです。おもに夜間活動するので姿を見ることが難しく、冬には白い毛になるのでますます見つけにくくなります。食物連鎖でいうと下層にいる被食者であり、大型の猛禽類やキタキツネなどにしばしば補食されます。また狩猟の対象にもなるため数が減少しています。
 アイヌ文化では、伝染病が流行したときには魔よけとして頭を戸口のわきに吊るしておいたというデータがあります。また言い伝えなどにしばしば登場し、ウサギが現在の姿になった由来譚や、失敗をしたり神様の罰を受けたりと3枚目を演じる場合もあります。
 また当館の口承文芸データでは、ウサギの女神が人間の男性に恋をし、人間の姿になって男性との間に子供を授かりやがて神の国へ帰って行くという昔話があります。

アイヌ語辞典

動物編:動284(1)
アイヌ語名:イセポ isepo
語義:[i-se-po i(ウサギの悲鳴):i-se([ウサギが]キイと鳴く)-p(もの)-po(指小辞);‘キイキイ鳴く小さなもの’]
地域・文献:胆振、日高(沙流地方)、十勝石狩天塩

詳しく見る

物語や歌など

ウサギの穂摘み
 私はひとりで暮らしている男でした。ひとり暮らしなので、猟から帰って来ると自分で食事の支度をしていましたが、ある日猟から帰って来ると、私の家にかまどの煙が上がっていました。不思議に思いながら家に入ると、白い着物を着たきれいな女性が料理を作っていて、私にそれを出してくれたので食べました。翌日にはどこかに行くのだろうと思っていましたが、どこへも行かずに毎日私の料理を作ってくれました。とても料理が上手で、穀物の料理をとてもおいしく食べさせてもらっていました。

 ある日、私は猟へ行かず、女性も出かけずに家で針仕事をしていました。そこでこっそりと白い糸玉の糸に針を通し、女性の着物のすそに縫いつけておきました。すると女性が外に出て行くと糸玉が転がり、糸をたどって行くと村人たちの畑につきました。村人たちがヒエを作っておいたのがなくなると言っていたのを聞かないふりをしていたのですが、そこで穂を摘んでいる一匹の大きなウサギを見ました。そこで家に帰って普通にしていると、あの女性が帰って来ました。顔色が曇っていて、いつも通りに食事を済ませるとこのように言いました。

 「これ、人間の男性よ。よく聞いてください。私は人間ではなく、天の国のウサギ神の娘なのです。神の国を見回しても私にふさわしい男はいませんでした。そこで人間界の目を向けると、あなたが私にふさわしいと思ったのでここにやって来ました。妻になって子供をもうけたならば、ウサギの嫁、ウサギの子と人から笑われると思ったので、妻にはならず、あなたの世話をするためだけにやって来たのです。でももう年を取ってしまったので、神の国へ帰ります。でもすぐにどこからか別の女性がやって来るでしょう。酒を造ったときは、天のウサギ神に祈りますと言って木幣を添えて捧げてください」。

 そして翌日、その女性は大きな年寄りウサギになってどこかへ行ってしまいました。そしてどこからか女性がやって来たので、妻にして子供ができました。そこで言われた通りにウサギ神に祈り、子供たちが成長したらウサギ神に祈るようにと言い残して死んで行きますと、ひとりの男が物語りました。

詳しく見る

本文ここまで

ここからフッターメニュー