アイヌ民族博物館
 
アイヌ文化入門
  トップ>アイヌ文化入門 > アイヌの歴史と文化 > ことば
歴史生業衣服・装身具食物住まい信仰・霊送り人の一生芸能|ことば

アイヌの歴史と文化アイヌの歴史と文化(概説)

....................

 

アイヌ語の表記

 アイヌ語は現在、ローマ字で表す方法とカタカナで表す方法の2通りあります。このホームページでは基本的にカタカナで表しています。

 ただ、アイヌ語にはカタカナでは表せない音があります。日本語はローマ字で書いた時に、ア行の音のように母音だけか、カ行以降のように子音+母音の組み合わせでできていますが(ンは例外)、アイヌ語は子音で終わる音が少なくありません。たとえば「良い・美しい」はピリカ(pirika)ではなくピ(pirka)と表記します。これを表すのにこのホームページでは小さいカタカナを使っています。



アイヌ語の単語

  • 人間……アイヌ
  • 男性……オッカヨ
  • 女性……メノコ
  • 男の子……ヘカチ
  • 女の子……マッカチ
  • 祖父……エカシ
  • 祖母……フッチ
  • 父……ミチ
  • 母……ハポ
  • 兄……ユポ
  • 姉……サポ
  • 弟……ア
  • 妹……マタ/マタパ
  • 孫……ミッポ
  • 叔父……アチャポ
  • 叔母……ウナ
  • 夫婦……ウムレ
  • 夫……ホク
  • 妻……マッ
  • 紳士……ニ
  • 淑女……カッケマッ
  • 体……ネトパケ
  • 頭……サパ
  • 髪……オト
  • 額……キプトゥル
  • 耳……キサ
  • 眼……シ
  • 鼻……エトゥ
  • 口……パ
  • 歯……ニマ
  • 眉……ラ
  • 頬……ノタカ
  • 首……レクッ
  • 肩……タ
  • 背中……セトゥ
  • 腰……イッケウ
  • 手……テ
  • 指……アケペッ
  • 腹……ホン
  • へそ……ハンク
  • 尻……オソ
  • 足……チキ
  • 国……モシ
  • 村……コタン
  • 山……ヌプリ
  • 川……ペッ
  • 海……アトゥイ
  • 湖……ト
  • 木……ニ
  • 森……ニタイ
  • 大陽……チュ
  • 月……クンネチュ
  • 空……ニ
  • 星……ノチウ
  • 春……パイカ
  • 夏……サ
  • 秋……チュ
  • 冬……マタ
  • 昨日……ヌマン
  • 今日……タント
  • 明日……ニサッタ
  • きつね……チロンヌ
  • たぬき……モユ
  • シマフクロウ……コタンコカムイ
  • こんにちは……イランカラ
  • ありがとう……イヤイライケレ
  • さようなら……ヤイトゥパレノ パイェ ヤン
  • わかる……エラマン
  • わからない……エランペウテ
  • うれしい……エヤイコプンテ
  • 怒る……イル
  • 笑う……ミナ
  • 泣く……チ
  • 起きる……ホプニ
  • 寝る……モコ
  • 歩く……ア
  • 走る……ホユプ
  • 座る……ア
  • 食事する……イペ
  • 料理する……スケ
  • 行く……オマン
  • 来る……エ
  • ~を見る……ヌカ
  • ~を聞く……ヌ
  • 美しい……ピ
  • 醜い……イポカ
  • 良い……ピ
  • 悪い……ウェン
  • 大きい……ポロ
  • 小さい……ポン
  • 長い……タンネ
  • 短い……タ
  • 1個……シネ
  • 2個……トゥ
  • 3個……レ
  • 4個……イネ
  • 5個……アシ
  • 6個……イワンペ
  • 7個……アワンペ
  • 8個……トゥペサンペ
  • 9個……シネペサンペ
  • 10個……ワンペ
  • 100個……アシネホッペ
  • 1人……シネン
  • 2人……トゥン
  • 3人……レン
  • 4人……イネン
  • 5人……アシネン
  • 6人……イワニウ
  • 7人……アワニウ
  • 8人……トゥペサニウ
  • 9人……シネペサニウ
  • 10人……ワニウ
  • 100人……アシネ ホッネン


アイヌ語地名

  • 白老●シラウ・オ・イ「虻・多い・所」。
  • ポロトコタン●「大きい・湖・村」
  • 登別●ヌプ・ペッ「濁った・川」。硫黄泉が川に流れ込んで、水が濁っていたといわれている。
  • 苫小牧●原名はマコマイ「山の方に入っているもの(川)」。頭にトー「湖」がついて現在の名前になったらしい。
  • 植苗●ウェン・ナイ「悪い・川」。何が悪いのかはわからない。
  • ウトナイ湖●ウッ・ナイ「肋骨・川」。肋骨のように何本にも枝分かれした川が流れ込んでいる。
  • クッタラ湖●クッタルシ「いたどりの多い所」。湖岸にいたどりが群生していたのであろう。
  • 支笏湖●シ・コッ「大きい・谷間」。これは千歳川の原名である。この川が流れ出してくる湖なのでこの名がついたとされている。
  • 千歳●シコッは「死骨」に通じて縁起が悪いという理由で、和人が後に改したためにできた地名である。
  • 蘭越●ランコ・ウシ「桂の木・群生する所」。
  • ニセコアンヌプリ●ニセイ・コ・アン・ペッ「絶壁・に向かって・いる・川」の上にある山という意味。
  • 札幌●古くは川の名前だった。サッ・ポロ・ペッ「乾く・大きい・川」あるいはサリ・ポロ・ペッ「その葦原が・大きい・川」という説がある。
  • 旭川●市内に忠別川という川が流れていて、これが旭川という名の由来になっている。チュ・ペッ「大陽・川」という解釈から生まれた地名であったが、古い記録にはチュ・ペッ「秋・川」と書かれている。
  • 平取●パンケ・ピラ・ウトゥ・ナイ「下の・崖・の間の・川」、ペンケ・ピラ・ウトゥ・ナイ「上の・崖・の間の・川」のピラ・ウトゥからきている。
  • 沙流●サ「葦原」。
  • 室蘭●モ・ルエラン「小さい・坂」
  • 洞爺湖●トー・ヤ「沼・岸」。
  • 小樽●オタ・ル・ナイ「砂・道・川」、オタ・オ・ナイ「砂浜の・中の・川」などの説がある。
  • 幌加内川●ホカ・ナイ「後戻りする・川」。川を上流へさかのぼっていくと、湾曲して下流の方に戻っていくような川をさす。
  • 振内●フレ・ナイ「赤い・川」。川の付近一帯の土が赤い。
  • 層雲別●ソー・ウン・ペッ「滝・のある・川」。
  • 襟裳岬●エン・ル「突き出ている・岬」。
  • 知床●シ・エト「大地の・先」。
  • 利尻島●リ・シ「高い・島」。
  • 礼文島●レプン「沖」の島。

 

北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.