アイヌ民族博物館
 

  巻頭
I
イオマンテの準備

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

1
祖先に対する届けものの用意

2
祭場の設置

3
火の神への祈り

4
対訳

5
祖先に食べ物の献上
表3イヨマンテの主たるながれ

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

VI-2.祭壇の設置

 シンヌラッパの主会場は外のヌサ横(北側)である。ポンヌサの前のやや北寄りに全員が座れるだけのゴザを敷く。ポンヌサの向かって左側横にチェホカケとシンヌラッパイナウ(皮がついたままでチェホカケと同じようにして削った木幣、ただし、これは日川翁の指導で作ったものである。)をそれぞれ1本ずつ立てる。左がチェホカケ、右がシンヌラッパイナウである。その2本のイナウの前に別火を焚く。日川翁によると、別火を焚く際にはカムイノミをする者が家の炉の火の神に許しを願ってから焚くものだという。

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.