アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテV.本祭り >V-21.饗宴と男たちの作業

  巻頭
I
イオマンテの準備

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

1
火の神への祈り

2
対訳

3
神窓から木幣を出しヌサに立てる

4
ヌサとそこに祀る神々

5
ヌサの飾り

6
仔熊を遊ばせる

7
肉体と魂の遊離

8
熊の前での祈り

9
対訳

10
団子撒き

11
天に花矢を射る

12
熊の解体(イリ)

13
毛皮をたたむ

14
神窓から家の中に招き入れる

15
神を迎えての祈り

16
対訳

17
頭部の解体と化粧・飾りつけ

18
化粧・飾りつけられた神を安置しての祈り

19
対訳

20
対訳

21
饗宴と男たちの作業

22
飾られた熊神の送り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

V-21.饗宴と男たちの作業(性器・目玉の飾りつけとチタタ作り)

 祈りの際、上座に座っていた男たちが立ち上がり、ここを広くあける。ここで踊りがにぎやかにはじまる。前唄とともに男女一緒になって輪をつくる。上座に安置された神や供物、炉辺の古老たちを囲むようにして輪になり、白老伝統のリセが舞われる。踊りは終わりがないほど長く、そして元気に楽しく踊られる。上座に座っている日川翁によれば、神もこの踊りを人間と一緒になって楽しむものだという。踊りが終わったら休憩し、みんなが適当にごちそうを食べたり酒を飲んだり、楽しく歓談し合う。
 その間、男たちがチタタ(citatap・一種のあえ物)をこしらえる。この料理だけは男たちだけでつくらなければならないとされる。チタタの材料は熊の神の脳みそ、頬の肉、葱、それに味付け用の塩である。まず、頬の肉をあらかじめゆでておき、それをまな板の上でみじん切りにする。それに頭部の飾りつけの際に頭骨内から出した脳みそを入れ、さらにこまかく切った葱を混ぜ合わせ塩を加えてあえる。日川翁の話では、昔アイヌには葱がなかったのでメンピロ(mempiro・ノビル)を入れたものだという。このチタタは量が少なく、しかも大事な食べ物なので、でき上がったら、これを入れ物を用いず箸でつまんで主だった人たち(古老や重要とされる男たち)の手の平に直接分配して、賞味してもらう。

102 熊肉の鍋物(カムイオハウ)

 チタタをこしらえる一方で、目玉や陰茎も熊神と一緒に送る準備を行なう。えぐり取ってイナウルの上に置いた目玉(眼球)をマキリの先で傷つけてから液晶を出し、これをイナウルでくるむ。日川翁によれば、熊だけでなくウサギでもキツネ・ムジナでも古来の方法で送るときはその目を「つぶらせる」ために傷をつけるという。2個の眼球ともイナウルをしっかりと巻きつけて球状にくるみ、これに長さ30~40cmほどのひもをつけておく。眼球は熊に元々ついていた通りの左右を決して間違わないようにして置かなければならない。また、水晶体をイナウルに包んで眼球部分に入れるイナウルと一緒に詰め込む。
 さらに、この他に性器もイナウルでくるむ。まず、陰茎をイナウルに包み、その上を別のイナウルで巻きつける。こう丸も左右それぞれについていた位置を間違えないようにし、左右それぞれをイナウルに包んでその上をまたイナウルで巻く。陰茎の左右にこう丸を添え、これをイナウルで離れないようにしっかりと結んで固定させる。これにも長さ30~40cmほどのひもを輪状につけておく。

 これらの作業のかたわら、男たち数人が胴体、手足の肉を切り分け、他の参集した人々全員に持って帰ってもらう分の肉を袋詰めする。
 こうして以上の作業が終わると、また踊りがはじまる。「ウタリ ホプンパレワ リセレヤン」という日川キヨ媼の音頭で女たちが一列になって上座側に進み、そのまま家の中一杯にぐるりと輪になって踊る。足を軽くステップさせながら両手で羽ばたくような仕草をする踊りで、白老ではなく道東地方に伝承されている踊りの一つである。後は、女たち、男たちによって歌や踊りが次々と展開されて行く。

103 饗宴

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.