アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテV.本祭り >V-15.神を迎え入れての祈り(カムイノミ)

  巻頭
I
イオマンテの準備

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

1
火の神への祈り

2
対訳

3
神窓から木幣を出しヌサに立てる

4
ヌサとそこに祀る神々

5
ヌサの飾り

6
仔熊を遊ばせる

7
肉体と魂の遊離

8
熊の前での祈り

9
対訳

10
団子撒き

11
天に花矢を射る

12
熊の解体(イリ)

13
毛皮をたたむ

14
神窓から家の中に招き入れる

15
神を迎えての祈り

16
対訳

17
頭部の解体と化粧・飾りつけ

18
化粧・飾りつけられた神を安置しての祈り

19
対訳

20
対訳

21
饗宴と男たちの作業

22
飾られた熊神の送り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

V-15.神を迎え入れての祈り(カムイノミ)

 こうして一通り上座に解体された熊を入れ終わると、古老をはじめとする男たちが全員炉から上座にかけてズラリと向かい合って着座する。女たちもシソから入口付近にかけて全員並ぶ。外はすでにとっぷりと日が暮れてしまっている。このとき、祈りに先だってイナウの頭部にイトパ(itokpa・家の印章を入れた刻み)を施した際にでたくずを火の神に捧げ燃やしてしまう。
 男たちがオンカミを開始する。男たち全員にトゥキとイクパスイが渡される。上座に置かれたエトゥヌが載せられた2個のオッチケを2人の女性(イオマレク)が持って、シソを通りアペケ(炉の下手)を廻ってイトムンプヤ下にある酒樽のところに行く。樽からピサで酒を汲みエトゥヌへ入れる。

88 火の神に上等の熊肉を捧げる

 

89 招き入れられた熊神を前にしての祈り

 

90 招き入れられた熊神を前にしての祈り

 これを持って、来た方向を逆にもどり、二人ともシソに廻って男たちのトゥキに酒を注ぐ。必ず、一番先に祭主の日川翁に注ぎ、その後一人は順次上座にかけて座っている男たちに注いでいく。日川翁に注いだイオマレクのエトゥヌにはピサがそのまま載せられ、片手でピサの柄を押さえながらエトゥヌで酒を注ぐ。日川翁に注いだイオマレクは、その後、再びハラキソに廻って日川翁の向いに座っている古老から順次上座にかけて酒を注いでいく。
 このときも、日川翁だけがキケウパスイを用いている。注ぎ終えると、イヨマレクが「イオマレピカー!」と言う。それを合図に日川翁を先頭にトゥキを両手で持った男たち全員のオンカミがなされる。ちなみに、このとき日川翁は両手でトゥキのタカイサラ(takaysara・杯の下にセットでつく天目台のこと、日川翁の出身地・沙流川流域ではこれをオウペ o us pe・尻に―ついている―もの、ともいう)の縁を持ち、火の神に向かって1回、上座に安置された熊神に向かって1回、さらに正面を向き自己の下を向くように1回、というようにオンカミしている。
 オンカミの後、日川翁がキケウパスイに酒をつけて火の神と、炉縁のチェホカケの頭と削りかけ部分に酒を捧げる。その間、全員がイクパスイに酒をつけて自らの前方や左右、背後にチッカ(cikka・軽く振り注ぐこと)する。そこで、日川翁の、腹の底からうなるような声で独特の節がつけられた祈りが始まったのである。その祈りを要約すれば、「火の媼神・翁神、重々しい神よ!本日この豊かな白老の村で育てられた熊が無事に休まれ、これから神の国へ行かれますので、このようにみんなで祈りをするのです。今晩は決してうるさいという気持ちをお持ちにならず、人々の言葉をよくお聞きいただき、人間どもをしっかりと見守っていて下さい。人間というものは何も解らないものですが神々はよくご存じのことでしょう。他の神々のもとにわたくしどものこのような意志を申し上げ、相談下さるようお願いいたします。この祈りが無事に終わったならば、“神がいたからこそ”と人間どもは皆んなでいい合い聞き合うことでしょう。私の言葉が足りなくても、神というものは力のあるお方ゆえ、このことをようく咀嚼してお聞き下さることでしょう・・・・・・」という内容である(詳細はV-16.を参照)。
 このような祈り言葉を述べたら、火の神やチェホカケに再度酒を捧げ、自らもそれをいただきオンカミする。あとは昨日と今日の午前中の祈りと同様に、日川翁をはじめ男たちのトゥキが女たち全員に次々と渡されていく。そうして、これが終わると男たちにトゥキが返され、男たちはトゥキを下に置き、両手でオンカミして(このときも翁は火の神、上座の熊神、自らの下、と三方にオンカミしている)この祈りを終了するのである。

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.