アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテV.本祭り >V-11.天に花矢を射る

  巻頭
I
イオマンテの準備

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

1
火の神への祈り

2
対訳

3
神窓から木幣を出しヌサに立てる

4
ヌサとそこに祀る神々

5
ヌサの飾り

6
仔熊を遊ばせる

7
肉体と魂の遊離

8
熊の前での祈り

9
対訳

10
団子撒き

11
天に花矢を射る

12
熊の解体(イリ)

13
毛皮をたたむ

14
神窓から家の中に招き入れる

15
神を迎えての祈り

16
対訳

17
頭部の解体と化粧・飾りつけ

18
化粧・飾りつけられた神を安置しての祈り

19
対訳

20
対訳

21
饗宴と男たちの作業

22
飾られた熊神の送り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

V-11.天に花矢を射る

 団子が撒かれた後、1人の若者が弓を持ち熊の横から東の空に向かって矢を射る。矢は熊におみやげとして捧げられたヘペアイである。弓は新しく作られ上端にイナウルがつけられたものである。「東」は神聖な方角とされている。すなわち、東の天に向かってヘペアイを射ることによって、天に舞い上がって神の国に行こうとする熊の神に対しその道筋を誘導し、そこを払い清めるのである。この他に日川翁によれば、花矢を天に射ることに対して、「人間界で行なっているめでたい儀式を天上の神の世界に知らせるような意味もある。だからカント(kanto・天)まで届け、という意味を込めて射る」のだともいう。
 ポンヌサの前に座っている古老たちも立ち上がって弓とヘペアイを手にし、次々と東の空に、南の空にと射る。その後ポンヌサの前に別火が焚かれる。ここに燃やす木は、先の朝一番でヌサにイナウを立てる際にヌサから間引かれた古いストゥイナウとハシナウである。

76 東の空に花矢を射る

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.