アイヌ民族博物館
 

  巻頭
I
イオマンテの準備

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

1
着物の製作と着せ替え

2
火の神への祈り

3
対訳

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

III-2.火の神への祈り(カムイノミ)

 それが終了した後、シソ(siso・左座)に座った日川翁がトゥキに酒(清酒を使用)を注いでもらい、それを火の神に数滴捧げた上で祈りを行なう。その間、この家のチセコ(cise kor kur・家を司る人)である財団の浜専務理事がハラキソ(harkiso 右座、日川翁の向いの座)に座って、同じくトゥキに入った酒をこれらの3神とチェホカケに捧げる。
 日川翁のこの祈りの大意は次のとおりである。「いく度も火の神にお願いします。白老の方々が作った守り神がおいでですが、これに新しい着物を差し上げます。育ての神の着られるものですから・・・・・・、この家、この人々をようく見守って下さい。明日からあさってまで大勢のウタリ、和人がこの家の神に見守られ、神の懐の中に参りますが、よくよくみんな見守って、無事に儀式が終えるよう、神々同士ようく相談して守って下さい・・・・・・。」(詳細はIII-3を参照)という内容である。このように祈っている間に浜専務理事は新しい着物が着せられた3神とチェホカケを持ち、本来安置されている場所に行ってそこに収める。収め終えたら、トゥキとパスイを持ってその神に再び酒を捧げる。こうして、家に祀る神々の着物の着せ替えの儀式が終了したのである。

49 着物替えした神を安置しての祈り

 

50 着物替えした神を祀って酒を捧げる

 

 

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.