アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテII.酒漉し > II-1.火の神への祈り(カムイノミ)

  巻頭
I
イオマンテの準備

II
酒漉し

1
火の神への祈り

2
対訳

3
酒漉し

4
火の神への謝辞

5
対訳

6
醸造酒の安置

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

 

II.酒漉し

II-1.火の神への祈り(カムイノミ)

 イヨマンテの本番に入る前日の1月23日、昼の1時からこの儀式の主会場であるポロチセで酒漉しを行なった。まず、酒を醸造している樽をチセの上座側の南寄り、すなわちイトムンプヤラ(itomun puyar・南窓)付近に置く。
 炉辺に日川翁が座り、同翁にトゥキ(tuki・杯)とイクパスイ(iku pasuy・酒棒箆)が渡され、女性によってトゥキに酒(この場合清酒)が注がれる。翁はそれをイクパスイの先につけて火の神に捧げ、祈り言葉を朗々と述べる。「育ての神、火の媼神・翁神よ、この豊かな白老の村にわたくしがきて、神の前で話すのですからよくお聞き下さい。わたくしどもが作った酒をこれから女たちがしぼるのでようく見守っていて下さい。今はもう昔のような年寄りがいなくなってしまったけれど、その数少ない年寄りであるわたくしがお願いするのです。」という祈りの内容である。(II-2を参照)。

37 酒漉し前の祈り

 この祈り言葉を述べた後、翁は再びイクパスイで酒を火の神に捧げ、オンカミ(onkami・礼拝※)して自らもその酒をいただき、一旦この祈りを終了する。

※注 オンカミonkamiは男の礼儀作法の一つである。神に祈る際に、最初に両手の平を合掌させそれをゆっくり擦るようにしながら左右に2~3回軽く振り、その後両手の平を上に向け、胸からあご付近の高さまで両手の平を内側にローリングさせ、最後に右手であごのひげをさするようにする。また、トゥキを持って祈る際にもイクパスイをトゥキの上に載せ、両手でトゥキを持って同じように胸のあたりからあご付近まで2~3回ローリングさせ、その後、右手でイクパスイを持ってイクパスイを鼻下にあてるようにして酒を飲む。

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.