アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテ1.イヨマンテの準備 >I-17.熊に持たせるおみやげ類(製作物)

  巻頭
I.イオマンテの準備

16
木幣及び関連用具
表2祈りに使用する用具類の製作
1木幣類
2仔熊をつなぐ棒
3削りかけ付き酒捧箆と神の食用箸
4頭骨を収める二叉の木と枕木
5仔熊の着物
6その他

17
熊に持たせるおみやげ類

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

I-17.熊に持たせるおみやげ類(製作物)

I-17-(1)花矢(ヘペアイ)

 送る熊に持たせるおみやげ用の矢である。白老では通常これをヘペアイ(heper ay・仔熊の矢)という。白老地方には基本的に2種類のヘペアイがある。模様が曲線状に施されたものをチノイェアイ(ci=noye ay・撚った、ねじれた模様の矢)といい、部分的に平たく削ったような花矢をチトパアイ(ci=tokpa ay・刻み入れた矢)という。

 これを10数本一緒に束ね、それを4~5個ほどひもをつけてヌサに飾る。また、花矢に柄をつけて、仔熊を遊ばせる(綱をかけて引きまわす)際に古老たちが仔熊に向かって射ったり、天に向かって射るためにも用いられる。

図3. 花矢略図

 

I-17-(2)弓(クー)

 弓も新しく作る。作ったものの上部にイナウルをつける。これを熊のおみやげとし、数丁ヌサに飾る。また、古老たちが花矢を射る際にも用いられる。

I-17-(3)みやげ用の干魚(サッチェ

 鮭も乾燥させ燻製にしたサッチェ(sat cep・干し魚)をイナウルに包む。これにひもをつけてヌサに飾れるようにしておく。これを2~3本作る。熊のおみやげとなる。

36 みやげ用干魚(サッチェ


I-17-(4) 串団子(シト)

 (I-4、I-5のみやげ用串団子を参照)


I-17-(5) その他

 (1)~(4)の際、ヌサに飾るものとして、イカヨ(ikayop・矢筒)、エム(emus・刀)、タンネイコ(tannep ikor・長いもの、つまり刀の宝物=儀刀)やエムポイコ(emuspo ikor・刀の小さい宝物、つまりタンネイコに対する短い儀刀を指す。他地方ではタイコ=taknep ikor・短いものの宝物、ともいう)、などがある。これらにイナウルをつけてヌサに飾る。つまり、飾ることによって神の親元に帰る熊にプレゼントするのである。

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.