アイヌ民族博物館
 

  巻頭
I.イオマンテの準備

16
木幣及び関連用具
表2祈りに使用する用具類の製作
1木幣類
2仔熊をつなぐ棒
3削りかけ付き酒捧箆と神の食用箸
4頭骨を収める二叉の木と枕木
5仔熊の着物
6その他

17
熊に持たせるおみやげ類

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

I-16-(6) その他

 以上の他に、ヌサを飾り付ける際、ヌサに模様入りのゴザを張るが、ゴザを止めるための串ソラリ(sorarip・ゴザを押さえる木、つまり串)、熊の頭部の解体の際に頭骨内の脳ミソをとる箆(これを日川翁はカムイポンペラ=kamuy pon pera・神の小さい箆、と呼ぶ)、熊の神に持たせるみやげ用の団子を刺す木シトニッ(sito nit・団子の串)を適量作る。
 これ以外に、今回は木幣と脚をつなぐためのシナの木の内皮、また仔熊を遊ばせる(引きまわす)際、仔熊につなぐ縄としてストゥカ(sutukap・ブドウヅルの皮)、さらに、ヌサの前に息を引きとった後の熊を安置するための敷物用としてフチャ(hupca・トドマツの枝葉)などを用意した。

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.