アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテ1.イヨマンテの準備 >I-16-(4) 頭骨を収める二叉の木と枕木

  巻頭
I.イオマンテの準備

16
木幣及び関連用具
表2祈りに使用する用具類の製作
1木幣類
2仔熊をつなぐ棒
3削りかけ付き酒捧箆と神の食用箸
4頭骨を収める二叉の木と枕木
5仔熊の着物
6その他

17
熊に持たせるおみやげ類

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

I-16-(4) 頭骨を収める二叉の木(ユサパオニ)と枕木(オメウェニ)

 これを白老ではユサパオニ(yuk sapa o ni・えもの“すなわちここでは熊”の頭がある木)という。『アイヌの足跡』によれば、他にヘペシンタ(heper sinta・仔熊のゆりかご)と呼称されていたことが記されている。日川翁はこれをカムイサパニ(kamuy sapa ni・神の頭の木)と呼ぶ。用材はちょうど具合よく二叉になったキハダの木が用いられる。二叉のつけ根付近から上の皮を剥ぎ、二叉部分をマキリで削ってそこにキケチノイェイナウを接合させるように斜めに長く平らにする。
 この二叉のやや下のところに、径4~5cmほどの横木を結ぶ。この横木はミズキで作られ、その左右には削りかけが2枚ずつつけられている。この横木が熊の頭骨の枕となる木である。これを白老ではオメウェニ(okmeweni・不明)という。また『アイヌの足跡』によれば、ノッポックンニ(not pok un ni・あごの下にある木)とも呼ぶという。

33 二叉の木(ユサパオニ)の製作

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.