アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテ1.イヨマンテの準備 >I-16. 木幣及び関連用具

  巻頭
I.イオマンテの準備

16
木幣及び関連用具
表2祈りに使用する用具類の製作
1木幣類
2仔熊をつなぐ棒
3削りかけ付き酒捧箆と神の食用箸
4頭骨を収める二叉の木と枕木
5仔熊の着物
6その他

17
熊に持たせるおみやげ類

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

 

I-16. 木幣及び関連用具

 イヨマンテに際しては、ヌサ(nusa・祭壇)に飾る各種の木幣をはじめ、送る熊の頭骨を収める二叉の木、その他にも祈りの儀式に欠かせない多くの用具を新しく作る。これらを作る用材はおよそ10日間ほど前から調達し、本番の2、3日前から男たちの手で製作される。

 今回は、前記した通り、事前に祭主である日川善次郎翁と協議した結果、ヌサに飾る木幣は当財団が伝承する白老地方の伝統的なタイプのものとし、木幣の対象となる神々についても基本的に当財団のポロチセのヌサで祀られてある通りとした。ただし、木幣のうち、ヌサに飾るチカプイナウ(cikap inaw・鳥すなわちここではフクロウの神の木幣)と、最終日に行なうシンヌラッパイナウ(sinnurappa inaw・祖霊祭の木幣)は日川翁自らの手で製作した。その呼称も日川翁の口述にもとづくものである。この木幣を製作しヌサに立てることは、古老たちの記憶や文献をみる限り白老地方には見られないものである。したがって、このようなチカプイナウとシンヌラッパイナウを除き、その他この儀式に用いる木幣や神の呼称・名称は白老地方に伝わるものである。

 なお、日川翁の考えで、今回はヌサに立てるイナウすべてにイトクパ(itokpa・家に代々伝わる刻印)を入れることとした。これは日川翁自ら伝承するイトクパである。これをマキリで刻み入れた際にでた木片(木くず)をきちんとしまっておき、後、イヨマンテの本祭りの神への祈りの際、火の神に捧げるのである。

表2.祈りに使用する用具類の製作

23 木幣(イナウ)に刻まれたイトクパ

 

24 木幣作り(イナウケ)

 

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.