アイヌ民族博物館
 
 

トップアイヌ文化入門 イヨマンテ1.イヨマンテの準備 > I-9. 煮物(ラタシケプ)1

  巻頭
I.イオマンテの準備
—酒・供物づくり—
  表1●酒・供物関係の製作

1
酒づくり

2
米とイナキビ搗き

3
丸い団子づくり

4
みやげ用の串団子1

5
みやげ用の串団子2

6
お供用切り餅

7
丸餅

8
スケトウダラの煮物

9
煮物1

10
煮物2

11
煮物3

12
ギョウジャニンニクご飯

13
ヒエご飯

14
イナキビご飯

15
その他の供物
16
用具づくり

II
酒漉し

III
家に祀る神の着物替え

IV
前夜祭

V
本祭り

VI
祖霊祭

VII

終わりに
  奥付
  イヨマンテtop
  ホームページ

I-9. 煮物(ラタシケプ)1

※これは、日川キヨ媼の指導にもとづいて作った食べ物である。キハダ(通称シコロ)の実を一般にシケレペ(sikerpe)というが、この実が入っているゆえ、日川キヨ媼はこの食べ物をシケレペレタシケプ(sikerpe retaskep・煮物)と呼んでいる。(注)ラタシケプを道東地方では一般にレタシケプという。

【材料】
(ア) キハダの実 4合
(イ) 豆(金時豆) 1.5合
(ウ) 塩 少量
(エ) スケトウダラの油 少量

【手順】

(1)鍋にシケレペを入れて炊く。

(2)柔らかくなったら、ゆでた豆を入れ、塩を大さじ一杯ほど入れて弱火で煮る。

(3)10分ほどしてから、スケトウダラの油を大さじ2杯くらい入れる。

(4)5分くらい煮たら鍋の中ですりつぶす。
 スケトウダラの油を、白老ではエレクシスム(erekus sum・スケトウダラの油)という。すりつぶす作業を今回は鍋の中で行なったが、日川キヨ媼によれば、すりつぶす際は昔からニマ(nima・木鉢)に入れてすりつぶしたという。

本書および翌1990年に実施されたイヨマンテの実施報告書は、復刻合本として再刊されており、通信販売も可能です。

伝承事業報告書2〈イヨマンテ-日川善次郎翁の伝承による-〉

  • 2002.11.30発行
  • B5版294ページ
  • 定価 2,625円

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.