アイヌ民族博物館
 
アイヌの儀礼具
 

トップアイヌ文化入門 >アイヌの儀礼具>ごあいさつ

「アイヌの儀礼具~イクパスイ~を中心に~」
期間 2002.7,1〜9.30
場所 博物館特別展示室
ごあいさつ

祈り[イノミ]

火の神への祈り
イクパスイ[捧酒箸]
  • 児玉資料の観察
  • キケウシパスイ[削りかけつき捧酒箸]
  • 「使い古された」キケウシパスイ
  • パスイの使用法に関する古文献
イナウ[木幣]
  • チェホロカケプイナウ[逆さ削りの木幣]
  • キケパラセイナウ[削りかけがパラッとした木幣]
  • キケチノイェイナウ[削りかけを撚った木幣]
  • チセコロイナウ[家神に捧げる木幣]
  • イナウル[削りかけ]
  • ストゥイナウ[棒状の木幣]
  • ハシナウ[枝をもつ木幣]
  • ヘペレアイ[花矢]
漆器・宝物
  • シントコ[行器]
  • エムシ[儀刀]
  • イコロ[宝刀]
  • イカヨプ[矢筒]
  • トゥキ[杯]
  • オッチケ[膳]
  • シネオッチケ[一膳]
  • イタンキ[木椀]
  • エトゥヌプ[片口]
  • エチウシ[湯桶]
  • オンタル[樽]
  • パッチ[木鉢]
その他
  • サパウンペ[幣冠]
  • チタラペ[ござ]
ホームページ

サパウンペ[幣冠]

 儀式時の男性の被り物。イナウ[木幣]の一種でもあります。ブドウ蔓などを編み込み、そのまわりにミズキやヤナギのイナウル[削り掛け]を巻いたものや、イナウのように一本の木を削り、削り掛けを撚りあわせたものがあります。

 正面にはクマやキツネなどをかたどった木彫やクマの牙や爪、鳥の頭骨、くちばし、サメの歯などが飾られているものが多く、側面には錦織の小布を下げるものもみられます。

 
亮昌寺コレクション No.72001
材料:ヤマブドウの皮・ヤナギの削り掛け・アオザメの下顎骨
備考:虻田の明石和歌助(アイヌ名 エカシワッカ)氏より亮昌寺に贈られたもの。

関連書籍

ポロチセの建築儀礼

 1997年、ポロチセの建設に伴って実施された20回におよぶ儀式の報告書。
 豊富なカラー図版とともに巻末に儀礼具や儀礼の進行、用語解説,索引等を付けました。

2000.3.31発行。A4判196頁(内カラー100頁)。
ISBN 978-4-903925-13-4


アイヌのイクパスイ

 昭和17年に日本で刊行されたフォスコ・マライニ著『Gli ikubashui degli Ainu』を邦訳したもの。

1994.12.1発行。B5判176頁。箱入上製本。
ISBN 978-4-903925-22-6


チタラペ[ござ]

 キナやトマとも呼ばれ、無地のもの、文様を編み込んだものの2タイプがあります。無地のものは日常的に床や壁に使用しますが、文様入りのものは主に儀式のときに儀礼具や神体の下に敷いたり、祭壇や式場の壁を彩るために用います。

 材料は主にガマで、スゲやフトイ、ハマニンニクなども使用します。文様部分は伝統的に赤や黒に染色したシナノキの内皮繊維を使用しましたが、近年では木綿の色布を使用することも多くなりました。

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.