アイヌ民族博物館
 
アイヌの儀礼具
 

トップアイヌ文化入門 >アイヌの儀礼具>ごあいさつ

「アイヌの儀礼具~イクパスイ~を中心に~」
期間 2002.7,1〜9.30
場所 博物館特別展示室
ごあいさつ

祈り[イノミ]

火の神への祈り
イクパスイ[捧酒箸]
  • 児玉資料の観察
  • キケウシパスイ[削りかけつき捧酒箸]
  • 「使い古された」キケウシパスイ
  • パスイの使用法に関する古文献
イナウ[木幣]
漆器・宝物
  • シントコ[行器]
  • エムシ[儀刀]
  • イコロ[宝刀]
  • イカヨプ[矢筒]
  • トゥキ[杯]
  • オッチケ[膳]
  • シネオッチケ[一膳]
  • イタンキ[木椀]
  • エトゥヌプ[片口]・エチウシ[湯桶]
  • オンタル[樽]
  • パッチ[木鉢]
その他
  • サパウンペ[幣冠]
  • チタラペ[ござ]
ホームページ

イナウ[木幣]

関連書籍

ポロチセの建築儀礼

 1997年、ポロチセの建設に伴って実施された20回におよぶ儀式の報告書。
 豊富なカラー図版とともに巻末に儀礼具や儀礼の進行、用語解説,索引等を付けました。

2000.3.31発行。A4判196頁(内カラー100頁)。
ISBN 978-4-903925-13-4


アイヌのイクパスイ

 昭和17年に日本で刊行されたフォスコ・マライニ著『Gli ikubashui degli Ainu』を邦訳したもの。

1994.12.1発行。B5判176頁。箱入上製本。
ISBN 978-4-903925-22-6

 木製の祭具のひとつで、本州以南のいわゆる「削り花」と非常によく似ています。北海道では一般にミズキやヤナギ、キハダなどを用い、病気払いや魔除けにはタラノキ、センなどの刺のある木、エンジュやニワトコなどの臭気のある木も使われました。

 イナウの機能としては、1.神への捧げ物となる、2.神へ伝言を伝える、3.魔払い、清めを行う、4.それ自体が神となる、などいくつかのものに分かれますが、今回展示したイナウは主に1.2.の機能をもつイナウです。

 これらのイナウは、儀式に先だって祭壇や囲炉裏の中などに、1神につき1本から数本を立てます。儀式の間、イナウにお神酒を捧げながら祈り言葉を述べると、イナウを介して祈り言葉が神へ届くと考えられており、儀式が終わるとその神への捧げ物となります。イナウは神が最も喜ぶ捧げ物ですが、神自らは作れないことになっていて、神は人間からイナウをたくさんもらうことで神の国で地位を高めるものと考えられていました。

 今回は展示していませんが、笹やヨモギを束ねたタクサイナウは3.の魔払い、清めを目的とするイナウの代表的なもので、4.のそれ自体が神となるイナウとしてはチセコロカムイ(家の守り神)がよく知られています。

 また、鮭の頭を叩いて絶命させる棒であるイサパキクニ、サパウンペ(幣冠)などもイナウの一種です。


チェホロカケプ[逆さ削りの木幣]

 沙流地方や胆振地方では火の神や祖先に捧げるほか、キケチノイェイナウ、キケパラセイナウを補助するものとしてヌサ[祭壇]に立てます。最も用途が広いイナウのひとつです。

 通常、イナウは木の根元側から梢側へ削りますが、逆に削るのでこの名があります。材はヤナギかミズキ。


 

キケパラセイナウ
[削りかけがパラッとした木幣]

 キケチノイェイナウと同様、ヌサ[祭壇]の神々に捧げるイナウですが、捧げる神はより限定されます。削りかけに撚りをかけない他はキケチノイェイナウと同じ。

 故葛野辰次郎氏によれば、マッネイナウ[女の木幣]とも呼び、原則として男神に捧げるイナウとのこと。

TOP↑

 

キケチノイェイナウ
[削りかけを撚った木幣]

 ヌサ[祭壇]の神々に捧げるイナウの多くはこのタイプで、イナウケマ[幣脚]と呼ばれる棒の上に括りつけられます。通常は補助的なイナウ数本を伴います。

 故葛野辰次郎氏によれば、ピンネイナウ[男の木幣]とも呼び、原則として女神に捧げるイナウとのこと。材はヤナギかミズキ。

 右の写真は、削りかけに帯(イナウクッ)をしていますが、ヌサ[祭壇]に立てる際にはこの帯を解き、軸部にります。

 またイナウの頂部に見える刻みはイトクパ[祖印]で、これによって神は誰が捧げたイナウかを知るといいます。ただし、白老や沙流地方ではつけない場合もあります。

TOP↑

 

チセコロイナウ[家神の木幣]

 下部を円錐状に削る他は、キケチノイェイナウと同じです。

 儀礼の間は囲炉裏の上手に立て、儀礼終了後にイヨイキリ[宝物置き場]上の屋根裏に刺します。この本数でその家で行われた儀礼の回数(酒を造った回数)がわかります。材はヤナギかミズキ。

TOP↑

 

イナウル[削りかけ]

 (イナウ)キケ、キケイナウ、チメスイナウ[剥ぎ取られた木幣]と呼ぶ地方もあります。他のイナウ[木幣]の部品として用いる場合もありますが、イナウル自体が略式のイナウで、他の儀礼具や、宝壇の上、室内の四隅、窓や戸口の両脇などに垂らして魔除けとします。材はヤナギかミズキ。

TOP↑

 

ストゥイナウ[棒状の木幣]

 チェホロカケプ同様、キケチノイェイナウ、キケパラセイナウを補助するものとしてヌサ[祭壇]に立てます。表皮に3ヵ所ずつ3段の剥きかけをつけ、これをイナウラプ[木幣の翼]と呼びます。上端は斜めに切り、横一文字に割れ目を入れ、イナウルを1~2本挟み込んで垂らします。材はヤナギ。

TOP↑

 

ハシナウ[小枝をもつ木幣]

 製作方法、大きさともストゥイナウと同じですが、枝を1~2本残し、枝がヌサの上手(祭壇の左側)に向くように立てます。沙流地方では主に狩猟の神に立てるイナウです。材はヤナギ。

TOP↑

 

ヘペレアイ[花矢]

 イオマンテ(飼い熊送りの儀式)の際に使用する矢。削りかけがついた一種のイナウです。子熊に持たせる土産として、子熊を引き回しながら儀式用の小さな弱い弓で射ちます。ミズキやノリウツギを円錐状に削り、すすで黒く塗り、幾何学紋様を施し、先端を細く尖らせ、オギやヨモギの矢柄をつけます。

TOP↑

 

 


北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.