アイヌ民族博物館
 
利用案内
概要 |組織 情報公開入場者数
  トップ>法人概要>概要
 アイヌ民族博物館は、アイヌ文化の伝承・保存、並びに調査・研究、教育普及事業を総合的に行う社会教育施設として、1976年、財団法人白老民族文化伝承保存財団として設立され、1984年には、アイヌの有形・無形文化を展示し、さらに学術的に調査・研究を行う施設としてアイヌ民族博物館を並置・開館させ、1990年に「財団法人アイヌ民族博物館」に改称、2013年に公益法人制度改革により「一般財団法人アイヌ民族博物館」へ移行しています。
 野外博物館の性格をもつ園内は、近代ゾーンとコタンゾーンに分かれ、コタンゾーンにはかつてのアイヌの住家であったチセや、プ(食料庫)、ヘペセッ(子グマの飼養檻)、チ(丸木舟)などを復元・展示して、アイヌのコタン(集落)を再現し、チセにおいては、アイヌの歴史と文化についての解説、並びにアイヌ古式舞踊の公開を常時行っています。
 博物館では、アイヌ民族資料5,000点、ニヴフ、ウイルタ、サミ、イヌイトといった北方少数民族資料約250点を収蔵し、そのうち800点を常設展示しています。また、関連資料として、アイヌ絵・文書約150点、図書約7,500冊を所蔵しています。
 文化伝承・保存事業として、イオマンテ(クマの霊送り)、イワテ(物の霊送り)、チサンケ(舟降ろしの儀式)、シンヌラッパ(先祖供養)といったアイヌ伝統儀礼を実施しています。
 また、伝統工芸の機織りやキナ(ゴザ)編み、民族衣服の製作、アイヌ文様の刺繍なども常時実施・公開していますが、さらに、アイヌ文化を単に見るだけでなく、実際に触れていただくために、ムックリ製作、アイヌ文様刺繍・彫刻、伝統料理試食などの体験学習を行っています。

法人名
  一般財団法人アイヌ民族博物館
代表者
  代表理事 野本 勝信
財団法人設立
  1976年9月10日
所 管
  北海道教育委員会
立 地
  ポロト公園(白老町の設置による地区公園)44,617㎡のうち、20,265㎡を借地・占用
所在地
  北海道白老郡白老町若草町2丁目3−4

博物館名
  アイヌ民族博物館
博物館長
  野本 正博
博物館設置
  1984年4月2日
博物館法による指定
  1984年7月20日(登録博物館)
博物館の区分
  歴史博物館
建物構造
  鉄筋コンクリート造2階建
建物面積
  1,410.65平米
 常設展示室
  928.47平米
 特別展示室
  25.0平米
常勤学芸員
 

村木 美幸
野本 正博
安田 益穂
八幡 巴絵
押野 朱美


詳細は「一般財団法人アイヌ民族博物館 略歴及び概要」(PDF 758KB)をご覧ください。
北海道白老郡白老町若草町2丁目3番4号 一般財団法人アイヌ民族博物館

ご意見ご感想 | 個人情報の取り扱いおよび著作物について
Copyright (C) AinuMuseum. All Rights Reserved.