アイヌ民族博物館HOME  >  子犬(北海道犬)が決定いたしました!
子犬(北海道犬)の名前大募集!◎期間 8月2日〜15日まで ◎応募方法 施設内に設置された応募箱に投函してください

今月上旬から募集していた当館で飼育している子犬の名前が決定いたしましたのでお伝えいたします。

募集していたのは、6月4日に生まれたメスの子犬です。

今月上旬から当館内の投票箱で募集を開始し、15日の締め切りまでに408通もの応募をいただきました。北海道内からのお客様はもちろん、道外からのお客様にも多くの応募をいただきました。思ってもみないほどの大きな反響があり、素敵な名前を考えていただけたことに、この場をお借りしてお礼申し上げます。


厳正な選考の結果、子犬の名前は「小雪」(こゆき)と命名いたしました。命名者のひとり、渡邊さんは、「小さく雪のように白い犬だったため」この名を思いついたそうです。
北海道の雪舞う大地で育つこの子犬にはピッタリの名前ではないでしょうか。

小雪の名前は、室蘭市の渡邊 佳南(かな)さんと、白老町の与田美絵さんに応募していただきました。渡邊さんと与田さんには、命名者として当館のオリジナルトートバッグと、空くんのお父さんであるカイくんのおかしと携帯ストラップ、そして当館の年間パスポートをペアでプレゼントいたします。

名前を考えていただいた方々に改めてお礼申し上げます。
また今後も、小雪が健康に育っていくよう、あたたかく見守っていただければ幸いです。